研究助成募集要領

ホーム > 業務内容 > 研究所~自主研究 > 研究助成募集要領

令和3年度 研究助成募集要領

令和2年度研究助成対象テーマ

令和2年度の研究助成には11件の申請があり、研究助成審査委員会における審査を経て、
以下の7件が研究助成対象として決定されました。

応募者
所属
研究テーマ
応募者
共同研究
川尻 俊三 氏
北見工業大学
早川  博 氏
北見工業大学
川口 貴之 氏
北見工業大学
研究テーマ
洪水時における橋台・橋脚の危機管理型モニタリング手法と不安定化の見える化技術の開発と実装
応募者
共同研究
吉川 泰弘 氏
北見工業大学
横山  洋 氏
寒地土木研究所
研究テーマ
寒冷地河川における平面2次元河氷変動計算モデルの開発
応募者
共同研究
小林 洋介 氏
室蘭工業大学
渡邊 真也 氏
室蘭工業大学
研究テーマ
大雨災害時の北海道内ダム流入量予測へのスパースモデリングの適応とその評価
応募者
共同研究
川村 志麻 氏
室蘭工業大学
石川 達也 氏
北海道大学
所  哲也 氏
北海学園大学
研究テーマ
気候変動を考慮した融雪期土砂災害の危険度評価手法の確立
応募者
共同研究
木村 一郎 氏
富山大学
竹林 洋史 氏
京都大学
岩崎 理樹 氏
北海道大学
研究テーマ
浮体混在型河川災害の予測・減災モデルの構築とiRICへの実装
応募者
共同研究
久加 朋子 氏
北海道大学
山野井一輝 氏
京都大学
研究テーマ
細粒土砂の供給が土砂流出・流路変動特性に与える影響に関する研究
応募者
共同研究
厚真川土砂流出研究会
北海道大学ほか
研究テーマ
北海道胆振東部地震における厚真川流域の土砂災害に関する分野横断型調査研究

RIC研究助成成果報告会(令和2年度成果)

日 時
令和3年8月4日(水)9:50~15:10
場 所
北海道河川財団(Zoomよるリモート形式による開催)

プログラム

(1)「浮体混在型河川災害の予測・減災モデルの構築とiRICへの実装」
(発表者)
富山大学
教授
木村一郎
京都大学
准教授
竹林洋史
(発表者)
北海道大学
准教授
岩崎理樹
(2)「気象変動を考慮した融雪期土砂災害の危険度評価手法の確立」
(発表者)
室蘭工業大学
教授
川村志麻
(発表者)
北海道大学
教授
石川達也
北海道大学
准教授
所 哲也
(3)「洪水時における橋台・橋脚の危機管理型モニタリング手法と
  不安定化の見える化技術の開発と実装」
(発表者)
北見工業大学
准教授
川尻峻三
北見工業大学
教授
早川 博
北見工業大学
教授
川口貴之
(4)「寒冷地河川における平面2次元河氷変動計算モデルの開発」
(発表者)
北見工業大学
准教授
吉川泰弘
寒地土木研究所
主任研究員
横山 洋
(5)「大雨災害時の北海道内ダム流入量予測へのスパースモデリングの適応とその評価」
(発表者)
室蘭工業大学
助教
小林洋介
室蘭工業大学
准教授
渡邉真也
(6)「細粒土砂の供給が土砂流出・流路変動特性に与える影響に関する研究」
(発表者)
富山県立大学
准教授
久加朋子
(発表者)
京都大学
助 教
山野井一輝