一般財団法人 北海道河川財団
財団のご案内 講演会・イベント 災害に備えて 川の利用案内 入札契約情報 関連サイト
講演会・イベント ホーム > 講演会・イベント > 平成25年度「第2回 RIC講演会」


平成25年度 第2回RIC講演会

 
今なお頻発する土砂災害に備えて
        〜十津川村からの報告

講演概要

 平成23年9月、台風12号による「紀伊半島豪雨」で特に奈良県十津川村を中心に数多くの山地斜面の深層崩壊が発生し、17箇所にも及ぶ天然ダムが形成される等甚大な土砂災害が発生しました。北海道大学特任教授の南哲行氏には、当時国土交通省・砂防部長として、現地の被災状況の把握、被害の発生と拡大の防止及び被災地の早期復旧と災害応急対策に対する技術的支援の陣頭指揮にあたった経験をもとに、「日本の土砂災害と国土保全」と題してご講演を頂きました。
 次に、十津川村において、村長として住民の避難対応等の安全対策や村の復旧・復興にあたられた更谷慈禧氏に「大規模土砂災害を受けて」と題してご講演を頂きました。
 会場との質疑応答では、現在の深層崩壊の予測技術、総合土砂管理、復興に向けた新しい村づくり等に関する質問が寄せられ、関連技術開発の現状や復旧・復興に向けた地域づくりへの取組が紹介されました。


開催日: 平成25年6月18日(火) 15:00〜17:30
会  場: 札幌市中央区教育文化会館小ホール
講者数: 161名

     
会場の様子   南 哲行 氏
     
更谷 慈禧 氏   会場からの質問の様子