一般財団法人 北海道河川財団
財団のご案内 講演会・イベント 災害に備えて 川の利用案内 入札契約情報 関連サイト
講演会・イベント ホーム > 講演会・イベント > 平成25年度「第1回 RIC講演会」


平成25年度 第1回RIC講演会
 釧路沖地震から20年を迎えて
「堤防被災と復旧」

講演概要

 佐々木康氏には釧路沖地震から20年が経過し、当時自ら調査し堤防の被災メカニズムを検討され、実験を含め分析に取り組まれた内容をお話しいただきました。また、地震の発生に伴う調査や対策工に関する留意すべき点等貴重なお話しをいただきました。

 また、三浦清一氏には地盤力学の観点から特に液状化に着目してその理論を分かり易くお話しいただきました。また、地盤力学の今求められている研究課題についてお話しがあり、土木に携わる者にとって有益なお話をいただきました。

 次に帯広開発建設部治水課武田敦史課長からは釧路沖地震における堤防の被災状況、復旧工法について紹介していただき、今後の課題についてもお話しがありました。

 質疑応答では、復旧に必要な情報について被災データの保存・解析・災害経験(ドキュメント)・復旧知識の継承が大事であると提言をいただいた。


開催日: 平成25年5月21日(火) 14:00〜17:00
会  場: 札幌市教育文化会館4階講堂
講者数: 約150名

 
鈴木英一理事長挨拶
     
佐々木康氏(広島大学名誉教授)   三浦清一氏(北海道大学名誉教授)
     
武田敦史氏(帯広開発建設部治水課長)   会場の様子