一般財団法人 北海道河川財団
財団のご案内 講演会・イベント 災害に備えて 川の情報 入札契約情報 関連サイト
災害に備えて
  水防工法
    積み土のう工
    改良積み土のう工
    月の輪工
    シート張り工
    木流し工
    水マット工(連続水のう工)
ホーム > 災害に備えて > 水防工法 > 積み土のう工


積み土のう工

■目的
洪水によって堤防が沈下した場合や増水する速さが著しく、水が堤防からあふれるようになったときに用います。



■施工方法

【1】設置場所
堤防上面の川側肩(川に面した堤防斜面の上端)から、50cm〜1m程度後退したところに設置する。

【2】表土のうの置き方
土のうを河川水の流れに平行に長手積み(土のうの長い面の方が水に向かうように並べる積み方)にならべる。土のうの縛り口は下流に向ける。

【3】表土のうの並べ方
越流水深に応じて、土のうを3段から5段の高さに積む。隣同士の土のうの継ぎ目には土を詰めて踏み固め、各段の土のう同士は互い違いになるように積み上げる。

【4】控え土のうの置き方
土のうを河川水の流れに直角に小口積み(土のうの小さい面の方を水に向かうように並べる積み方)にならべる。土のうの縛り口は宅地側に向ける。


【5】控え土のうの並べ方
前列土のう(表土のう)から30cm間隔をあけて3段の高さに積む。30cmあけたところと土のう同士の継ぎ目には土を詰めて踏み固める。各段の土のう同士は互い違いになるように積み上げる。
【6】鋼杭の打ち込み
前列土のう(表土のう)に控え杭を打ち込む。杭は長さ1.2m、直径16mmの鋼杭を使用し、土のう1袋に2本の割合で打ち込む。